Biz/Zineニュース

特別レポート:米国JOBS法―ベンチャー企業への影響

株式会社ジャパンベンチャーリサーチ

株式会社ジャパンベンチャーリサーチ(以下JVR、代表取締役会長:北村彰、代表取締役社長:林耕平)は、このたび米国JOBS法(Jumpstart Our Business Act、以降JOBS...

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ジャパンベンチャーリサーチ(以下JVR、代表取締役会長:北村彰、代表取締役社長:林耕平)は、このたび米国JOBS法(Jumpstart Our Business Act、以降JOBS法)についてのレポートを作成しましたのでお知らせいたします。

JOBS法は2012年4月5日にオバマ大統領により署名され、成立しました。ベンチャー企業がスムーズに資金調達ができるよう法整備し、成長と雇用を促進することを狙いとするJOBS法は、「クラウドファンディング」、「ミニIPO」、「ポストIPOのレポート義務」を主な施策として企業が未公開時においても資金調達し易くなる他、IPOのプロセスを簡素化させる規制緩和策です。

本レポートではJOBS法について、その概要、法制化の背景、企業や支援者への影響、懸念点・リスクという項目に分けてJOBS法の概要及びベンチャー企業への影響を説明しています。

株式会社ジャパンベンチャーリサーチ 村上
お問合せ: 問合せフォームからお願いいたします。http://www.jvr.jp/contact

レポートはこちらのリンクよりご覧いただけます。
株式会社ジャパンベンチャーリサーチ