Biz/Zineニュース

ピクシーダストテクノロジーズ、空間のデジタルトランスフォーメーションを促進する空間開発事業の提供開始

 ピクシーダストテクノロジーズ(以下、PXDT)は、 空間のデジタルトランスフォーメーション(以下DX)を促進する、 空間開発事業「KOTOWARI(コトワリ・理)」の提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 製造 AI・機械学習 事業開発 DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KOTOWARIは、空間を行き交う人やモノのリアルタイムなデジタル化から産業機械の高精細なデジタル化まで、顧客の課題・要望に応じ、最適な方法で空間を時系列デジタルデータへ変換するソリューションサービス。空間時系列データは独自のセンシング技術によって、画像認識だけでは不可能な高度な分析を可能とし、これまで見えなかったものを可視化するのだという。加えて、空間内で稼働する機械と連携することで、機械に「目」と「知能」を与え、これまでできなかった制御を実現するといしている。

 PXDTは、KOTOWARIによる「屋内空間のデジタル化」、「リモート点検・異常検知」、「産業機械の知能化」、「資機材の遠隔管理」等を通じ、不動産、工事・建設、運輸、介護をはじめとした幅広い業界でのDXを促進し、少子高齢化に伴う労働者人口の減少や、過疎化による労働者不足といった社会課題の解決に取り組んでいくという。

 尚、先日リリースをしたwithコロナ時代のBCPソリューション「magickiri(マジキリ)」にもKOTOWARIで培った空間開発技術を活用している。

KOTOWARI紹介動画

PXDT | KOTOWARI