SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

デジタル技術の活用による行動変容

デジタル技術の進化による最新の「行動変容」──新型コロナ対策で実践される“3つの介入”

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

世界中が模倣する、シンガポールの最新デジタル行動変容介入

 シンガポールでは、感染は拡大しているものの、対策のためのデジタル技術活用は他国に先駆けています。より精密なデータに基づく行動変容介入ソリューションが展開されており、既に多くの国々がシンガポールを参考としたサービスを開発すると発表しています。

 発症者との濃厚接触者を効率的に発見するアプリ「TraceTogether」は、個人のプライバシーを保ちながら、利用者が誰と近距離で接触していたかを一定期間記録するものです。新型コロナウイルス感染者が判明した際には、感染者のスマートフォンアプリに保存された接触者のテンポラリIDなどの匿名化情報や、政府による個別ヒアリングによって、濃厚接触者を特定することができます。明らかになった濃厚接触者に対しては、政府が直接電話で医療指導を行い、外出の自粛や関連症状が出た際の医療的処置など、適切な対応、行動について指示します。この取り組みの特長は、デジタル技術が得意とする正確かつ詳細な接触追跡と、人々が信頼し落ち着いて対応しやすい人間によるヒアリングや指導を組み合わせた点にあります。セキュリティを担保し、パニックを抑えながら、介入の必要性が高い個人をピンポイントで特定し、重要性が高いタイミングで行動変容を促すことができるデジタル行動変容介入の象徴的事例といえます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
デジタル技術の活用による行動変容連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

藤井 篤之(フジイ シゲユキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

一宮 恵(イチミヤ メグミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング