Biz/Zineニュース

NTTデータとunerry、「新たな移動体験」の提供に向け資本業務提携

 NTTデータとunerryは、移動と目的地でのサービス利用に関わる社会課題を解決し、新たな移動体験を得られる社会の実現を目的に、4月15日に資本業務提携を締結した。また、6月18日から、アフターコロナの世界における安心・安全な移動を支援するアプリ「おでかけ混雑マップ」を提供開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでデジタルマーケティングなどの分野で連携実績のあるNTTデータとunerryは、今回の資本業務提携により、unerryの地下街や施設内など広い範囲での人々の行動を見渡せる「オフライン行動ビッグデータ」の活用で、消費者行動の変化を適切に捉え、買い物や旅行などにおける移動をより快適にする新たなサービスを提供する。

 6月18日には、アフターコロナにおける3密回避と安心・安全な移動を支援することを目的に、全国約2.8万店のスーパーやドラッグストア等のお店近辺について、曜日・時間帯別混雑傾向が調べられるモバイルアプリ「おでかけ混雑マップ」を無償提供する。unerryが公開中の「お買物混雑マップ powered by Beacon Bank」に、NTTデータのTwitterデータ活用サービス「なずき」を組み合わせることで、店舗別の混雑傾向だけでなく、ユーザーのつぶやき情報を確認し、お店の状況を把握することが可能となる。

,p> 今後は、対象店舗の拡大、Twitterデータ分析から得られるお出かけに役立つ情報の提供、利用プラットフォームの追加(iOS)、混雑予測機能など、状況変化に合わせた機能追加を順次行っていくという。