SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営参謀としてのCFO

グリー大矢俊樹氏が語る「経営参謀としてのCFO」──事業再生、M&A、参謀経験が作ったキャリアとは?

ゲスト:グリー株式会社 取締役 上級執行役員 最高財務責任者 大矢俊樹氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

コロナ禍においてCFOに求められる楽観と悲観のバランス

大塚:ところで、多くの経営者やCFOにとって、コロナ禍による経営環境変化の対応は苦心されているところだと思います。CFOとして大矢さんは、現在のコロナ禍でのリスク対応をどのように捉えられていますか。

大矢:そうですね。楽観的になりすぎないようにはしています。ある程度この状況は長く続くだろうといった保守的な見通しを持ちながら、それに耐えられる状況をいかに作るか。ただ、投資を手控えるというわけではなく、影響を受けやすいところは保守的に見て、成長が見込める領域には投資をする。こういう非常時には、各部門長は保守的に数字を見積もってくるのが一般的なので、本当にそこまでの悲観シナリオが必要なのか。なかなか、判断が難しい状況ではあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営参謀としてのCFO連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング