Biz/Zineニュース

デコム、“ユーザーの本質的なインサイト”を発見するデザインリサーチ「DX-Value」を提供開始

 インサイトリサーチによるアイデア開発支援を手掛けるデコムは、ユーザーの本質的な欲求を発見するデザインリサーチ「DX-Value」の提供を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] インサイト デザイン DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「DX-Value」は、ユーザーのインサイト(本人も気づいていない本質的な欲求)を追及し、本当に満足してもらえるプロダクトを提供すること目的としている。既存のプロダクトの改善と新規のプロダクトやサービス開発の両方に適応ができ、狭義のユーザーとしてではなく、広く人間を見に行くことでインサイトを発見することが可能となる。

 また、発見したインサイトから提供価値(バリュープロポジション)を定義し、ペルソナと提供する顧客体験(UX)のシーンとコアアイデアを導き出すことができるという。

 デコムは、統計的に正しい定量調査を行うことで、インサイトや提供価値/コアアイデアの市場性を計量的に検証し、意思決定を支援する。また、ユーザー調査だけでなく、ワークショップも実施するとしている。

本サービスのプロセスとアウトプット

  1. オポチュニティ探索:市場機会の発見のためのリサーチとワークショップ→アウトプット:オポチュニティレポート
  2. インサイトリサーチ:ユーザーの本質的な欲求(インサイト)の発見のためのリサーチ→アウトプット:個別インサイトシート
  3. バリュー定義:提供する価値の定義、ペルソナ、顧客体験(UX)のシーンとコアアイデアの導出→アウトプット:バリュープロポジション、ペルソナ、顧客体験(UX)のシーンとコアアイデア
  4. アイディエーション:プロダクトやサービスの詳細をデザインするワークショップ→アウトプット:ワークショップレポート
  5. テスト:アイデアの市場性を検証する定量調査による意思決定の支援→アウトプット:定量分析レポート