Biz/Zineニュース

DNP、自動車向けのデジタルキープラットフォームを提供 スマートフォンで安全な鍵管理を実現

 大日本印刷(以下、DNP)は、スマートフォンで自動車の施錠・解錠を行うデジタルキーの配信・管理のためのプラットフォームを提供する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] MaaS プラットフォーム

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DNPは、ICカード事業で培った情報セキュリティ関連の技術・ノウハウを活かし、業界横断の団体Car Connectivity Consortium(CCC)が策定するグローバルな標準仕様に準拠した、安全なプラットフォームを提供する。10月から自動車メーカーやデジタルキー用車載機メーカーなどに開発環境を提供し、2023年頃を目処に共同利用可能なデジタルキーセンターの構築を目指す。

 今回提供開始するプラットフォームは、自動車のデジタルキーにとって重要とされる暗号鍵や電子証明書を生成し、安全・安心に車載機やスマートフォンなどに配信するためのもので、以下の4つの機能を提供する。

  1. デジタルキー用のサーバー構築・運用
  2. 車載機のNFCデバイスやセキュアエレメントの開発・提供、車載ソフトウェアの開発支援
  3. スマートフォン用デジタルキーライブラリの開発・提供
  4. バックアップキー用ICカードの開発・製造・提供

 DNPは、自動車デジタルキー用の車載セキュアエレメント(セキュリティ機能がある半導体製品)、バックアップキーとして利用可能なICカードの提供も順次開始し、レンタカーやカーシェアリングなどのMaaS(Mobility as a Service)の拡大やスマートシティの実現を推進していくとしている。