Biz/Zineニュース

LayerX、経理DXを加速する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」を提供開始

 LayerXは、緊急事態宣言下でテレワークへの対応が求められる中、クラウドでの請求書処理業務を可能にする請求書AIクラウド 「LayerX INVOICE」の提供を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発 テクノロジー DX 経理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回提供開始するLayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービス。

 LayerXは、このサービスの開発にあたり、急成長スタートアップや上場企業、月間の受領請求書枚数が1万枚を超えるような大企業のコーポレート・経理担当者等、累計100社以上に業務課題のヒアリングを実施し、抽出した課題を解決するための機能開発・拡充を行ってきたという。2020年10月より一部のスタートアップや上場企業を対象としてβ版の提供を行ってきたが、今回の緊急事態宣言を受け、経理DX・クラウド化への需要に対応するため、提供を開始したという。

主要な機能

  • AI-OCR機能:AI-OCRが請求書を読み取り、自動でデータ化を実現。定型帳票に限らず、非定型帳票にも対応している。
  • 仕訳学習機能:一度登録した仕訳を自動で学習し、同様の請求書が届いた際には仕訳の入力をすることなく、請求書の処理をすることができる。
  • 会計システム連携機能:freee、マネーフォワード クラウド会計、弥生会計をはじめとした主要な会計システムと連携しており、各会計システムに連携する仕訳データを自動で作成・連携できる。銀行の振込データも同様に自動で作成可能。
  • 請求書回収機能:取引先または事業部からメールで受け取る請求書の宛先をLayerX INVOICEのメールアドレスにしておくことで、回収からデータ化まで自動で行う。
  • アラート・源泉所得税レポート機能:同じ請求書の二重払いの防止や、毎月発生する費用の計上漏れを検知するための各種アラート機能を搭載しミスの低減に寄与する。また、源泉所得税の集計も自動的に行うなど、請求書処理の後工程の効率化も支援する。
  • 紙の請求書の代理受領・データ化:LayerX INVOICEの連携パートナーの紙の請求書代理受け取り・スキャンサービスを合わせて利用することで、出社不要でクラウド完結な請求書の一元処理が可能になる。