SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineインサイト (PR)

アドビ日本法人社長が語る、過去最高益を実現した3つの成功要因。日本企業のデジタル人材育成支援への意欲

ゲスト:アドビ株式会社 代表取締役社長 ジェームズ・マクリディ氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

社員同士がケアをし合うような良質なコミュニティ

バーチャル乾杯写真提供:アドビ株式会社

 アドビでは、データを顧客だけでなく社員を見るときにも活用している。各社員の状況を理解し、状況に応じてアクションを取ることで、社員の生産性向上、ひいては各個人のウェルビーイングを実現しようとしているのだ。

「各部門のリーダーすべてが声を揃えて言うことは、『アドビの最大の財産は人だ』ということです。そしてCEOのシャンタヌは、EX(従業員体験)をとても大切にしています。社員が満足するということと、お客様の満足およびビジネスの成功との間には明らかな相関関係があり、世界中のアドビのリーダーたちは、ここに高いプライオリティをおいています。ですから、お客様に対して素晴らしい体験を提供するのと同様に、自分たちのチーム、メンバーに対してもそれを届けようとしているのです」

 コロナ禍において、アドビではリモートワークへの移行が非常にスムーズに進められた。それは同社がデジタルの活用に長けているということに加え、EXの観点から従業員をケアしていることも大きいようだ。

「私たちは最近もたくさんの人を採用していますが、彼らはまだオフィスに来る機会がありません。新しく入社した方々とオフィスで対面して会うことができないという環境下において、彼らがちゃんとアドビの一員と感じられているだろうか、という点にとても気を配っています。また、フェイス・トゥ・フェイスでお客様や同僚と会えないなかで、課題や懸念もあるでしょう。そういったことに対して、社員が提案できるようになっているかどうかにも、目を配っています」

 実際に社員からの提案で、社員同士が趣味やさまざまなアクティビティを共にするフォーラムを作れるようにした。オンラインで「乾杯」をしたり、一緒にヨガやストレッチをしたり、自由にフォーラムを作ってつながることで、担当業務や所属部署を超えたカジュアルな出会いとコミュニケーションが可能になったという。

 マクリディ氏は「アドビの素晴らしいところは、たくさんのクリエイティブな人たちが、お互いをどうやってケアするかを気遣っているところだ」と語り、良質な社員コミュニティが形成されている自社の文化への誇りを示した。

次のページ
日本企業の「デジタルタレント育成」を支援したい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineインサイト連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング