SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

Pegasystems、テクノロジートレンドに関するグローバル調査の結果を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 Pegasystems Inc.の日本法人ぺガジャパンは、調査会社iResearchが実施したグローバル調査「Tech trends: Future-proof 2025」を分析し、その調査結果を発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 Tech trends: Future-proof 2025調査は、12カ国の7つの異なる業界の1,350人のCレベルの経営幹部を対象に、AIガバナンス、ハイパーオートメーション、XR(Extended Reality)、拡張エッジ、分散型クラウドなどのテクノロジートレンドの増加が今後5年間でどのように進化するかを分析・報告するもの。

 この調査は、ビジネスリーダーがガバナンス、インテグレーション、イノベーション、および新興テクノロジーの導入に関してより厳格に説明責任を担う必要性が高まっていることを指摘している。これによって企業・組織は、組織内の変化に対してより良く順応するとが可能となる。

主な調査結果

  • 公的機関はAIガバナンスのギャップを補完する準備を完了:回答者の4分の3(65%)は、「外部によるAIガバナンスでは、今後予想されるAIの爆発的な成長を管理するために十分ではない」と感じている。しかし、4分の1以上(27%)が、「AIガバナンス専門の責任者を有していない」、またわずか25%が、「正式なAIポリシーについて、所属する企業のCレベルの経営幹部によって管理されている」と回答したことが報告されている。公的機関または民間企業、AIガバナンスのリーダーシップの空白を埋めるのはどちらかという問に、78%の回答者は、「規制に対して完全または同等レベルの責任の分担を希望する」と答える一方で、今後5年間について尋ねられると、75%が「公的機関がガバナンスに対して大部分または完全に責任を負うことを期待している」と回答している。さらに、53%は、外部および公的機関の規制がイノベーションを妨げることを懸念している。
  • インテグレーションの成功がハイパーオートメーション時代の幕開けの鍵に:回答者の52%は、「パンデミックにより、自動化をビジネスに導入する機会を増やすことを余儀なくなった」と述べている。特にワークフローやケースマネージメントなどの分野で顕著となった。この調査では、ハイパーオートメーションへの移行が、必要性から生まれた単なる短期的な対策ではないことが示唆されている。32%の回答者は「ハイパーオートメーションがワークフローとケースマネージメントの改善に寄与する」と答えている。一方、61%の回答者は、5年先を見据えると「改善に寄与することを期待する」と回答している。 また、サプライチェーンと流通チェーンでは、26%の回答者が「現在のハイパーオートメーションのインパクトを認識している」と述べる一方で、回答者に5年後のハイパーオートメーションのインパクトを予測・評価するように尋ねると、「認識している」と述べた回答者は64%にまで上昇していた。
  • 最終的にXR(Extended Reality)が顧客体験に新しいディメンションを追加:XRは消費者にとって最大の新しいテクノロジートレンドの1つだが、「XRは現在業界が顧客体験を提供する方法に変革をもたらしている」と回答したビジネスリーダーは、わずか35%に留まっている。 一方で、5年後の予測を尋ねると、回答者の30%は「XRが顧客エンゲージメントに不可欠になる」と述べ、半数以上(52%)が「XRは最終的に競争上の差別化要因になる」と考えており、5年間で状況が一変する可能性を秘めていることがわかった。
  • 分散型クラウドと拡張エッジが、アプリケーションの有効性を最大化し、テクノロジーインフラの成熟度の向上に貢献:回答者の73%は「リモートおよびモバイルワークの浸透によってクラウド展開の優先度が高くなっている」と回答し、半数以上(51%)が「モバイルおよびリモート機能は、拡張エッジテクノロジーの採用を促進するいくつかの要因の1つであり続ける」と回答している。また、回答者の41%は、「真の成功を達成するにはAI、自動化、機械学習の成熟度の向上が必要である」と述べてている。今日、分散型クラウドテクノロジーを「インテリジェント」または「成熟」と評価したのは22%に留まった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング