SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業開発のためのルールメイキング

イノベーションや新規事業に必要なルールメイキング戦略──“法の遅れ”と“グレーゾーン”へ向き合うには

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「攻め」と「守り」を使い分けたルールメイキング戦略

 企業が積極的にルールメイキングに関与すべきメリットとしては、「攻め」と「守り」の側面があります。

 「攻め」のルールメイキングとしては、実現したい法改正を目指して、政治家や官僚に積極的に働きかけたり、社会に向けて広くキャンペーンを行ったりすることが頭に浮かぶかもしれません。企業が自主規制といった形で自らルールを創ることも「攻め」のルールメイキングのひとつです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業開発のためのルールメイキング連載記事一覧
この記事の著者

南 知果(ミナミ チカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング