SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ドローンの活用による地方創生の推進に関する連携協定を締結

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 静岡県伊豆半島東海岸地域4市町(伊東市、東伊豆町、河津町、下田市)と、日本ドローンコンソーシアム(以下、JDC)、およびソリューションパートナー(三信建材工業、国際航業、森本組、日立システムズ、Kanatta、東急、東急テクノシステム、伊豆急ホールディングス、三島信用金庫、静岡県東京事務所)(以下、パートナー)は、無人航空機(ドローン)を活用した研修、研究、開発および実証実験などを推進することで地域社会の課題解決を図り、地方創生に寄与するため、互いに支援・協力することを合意し、「無人航空機の活用による地方創生の推進に関する連携協定」を締結した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ドローン領域における社会実装に向けたフィールドへの希求を新産業創出の機会と捉え、4市町は人材育成(研修・訓練)の場や社会実装の機会を提供し、JDCやパートナーが持つドローン・ロボティクス技術や関連ソリューションサービスと、地元企業や生活者との融合を通じて、伊豆半島東海岸地域にロボット産業を誘致し地方創生を推進する「静岡モデル」を、今回の連携協定により推進していく。なお、この取り組みは、2020年2月に静岡県東京事務所、伊豆急行、東急が発表した「企業研修誘致による地方創生の推進に関する連携協定」で実現を目指した「地方創生サイクル」の第一弾。

 4市町は、飛行禁止エリアが多くドローン技術開発や運用検証が難しい首都圏に代わって、技術開発拠点や、山間部、海岸部、住宅部などの多様な飛行環境フィールドを提供し、そのフィールドを活用して、JDC、パートナーはドローン・ロボティクス技術や関連ソリューションの開発を推進する。また、4市町、JDC、パートナーを中心に「ドローン・ロボティクス活用推進協議会」を構成し、そこで新たに創造される技術や運用サービスを全国の自治体や企業へ提供する。サービスは、「社会インフラ点検・メンテナンス(専門技術開発、および教育)」、「危機管理(広域防災・災害時対応システム)」、「地域創生(生活、観光エンタテインメントの創出)」、の3テーマを検討しており、伊豆半島東海岸地域への交流人口の増加と地方創生の実現を目指す。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング