Biz/Zineニュース

スマートドライブ、マレーシアの交通事情に合わせたサービスを現地にて提供開始

 スマートドライブは、マレーシアの現地法人SmartDrive Sdn. Bhd.(以下、スマートドライブマレーシア)が、現地の交通事情に合わせて開発し、通勤時の事故削減に向けた取り組みに活用できる福利厚生サービス「SmartDrive Aware」の提供を開始したことを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] モビリティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年6月より本格的な事業を開始しているスマートドライブマレーシアは、4輪車・2輪車での通勤時の事故が毎日100件以上発生している当地の事情に合わせて機能の開発を行い、2021年2月から「SmartDrive Aware」を開始している。

 「SmartDrive Aware」のコンセプトは、『楽しみながら安全意識を向上する福利厚生サービス』。サービスを契約した企業の従業員は、「Smartdrive Aware」のスマートフォン向けのアプリをインストールすると、通勤時の運転が評価され点数化される。安全運転をするとポイントが付与され、クーポンなどと交換できるようになっており、楽しみながら運転意識を向上させられる仕組みとなっている。事故が発生した際も、アプリ内のボタンをクリックするとロードサイドアシスタントサービスを呼び出せる機能も備えており、緊急事態にも対応可能となっているという。

 また、スマートフォンのGPS・センサーの活用により車載デバイスが不要で、車両の形状(4輪車・2輪車)を問わないことや、安全運転指導に活用可能な事業所毎の運転レポートが用意されることも、導入の動機付けになると想定している。