SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

製造業DXのススメ

製造現場が抱える労働力の課題を解決する“コネクテッドワーカー”とは?

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

コネクテッドワーカーを実現する最新技術

 デジタル技術を活用し、製造現場にもリモートワークを導入することで、海外拠点の対応コストや現場作業の人件費を大幅に削減できる可能性があります。

 製造現場のリモートワークを実現するためにはまず、工場およびプラント、作業員、対象設備のワイヤレス通信ネットワークを整備し、リモートで相互通信を行うための映像と音声通信機能を備えたモバイル端末を導入する必要があります。次に、遠隔地で現場の状況を把握し、相互通信を行うために、映像と音声通信機能を備えたモバイル端末を用意しなければなりません。このとき、音声に加えて映像で視覚的に支援するためのVR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)技術を組み込むことで、さらに高い効果が期待できます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
製造業DXのススメ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

志田 穣(シダ ミノル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング