SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

製造業DXのススメ

製造現場が抱える労働力の課題を解決する“コネクテッドワーカー”とは?

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

コネクテッドワーカーを実現する2つの“端末”

タブレット端末

 タブレット端末は携帯性に加えて、既に多くの人々が操作を習得していることもあり、コネクテッドワーカーに適した端末の一つです。状況に応じて最適なタイミングで、作業員のタブレット端末に図面や操作方法を表示して現場の作業を支援できます。また、カメラで撮影した画像や映像による現況報告や、タッチ操作での作業完了報告など、作業をより効率化するための仕組みを実装することも可能です。

 実際の用途として企業によく採用されているのが作業指示書の電子化です。海外のある公益企業では、作業生産性が25%、施工・保守計画時の予測生産性が20%向上し、企業全体で約700万ドル相当の作業工数を削減したという事例もあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
製造業DXのススメ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

志田 穣(シダ ミノル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング