Biz/Zineニュース

住友商事、英Arqitと量子暗号技術に関するパートナーシップを締結

 住友商事と量子暗号技術の世界的なリーディングカンパニーであるArqitは、Arqitが開発した量子暗号技術の日本市場における販売代理店権に関するパートナーシップを締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] セキュリティ テクノロジー 住友商事 量子暗号技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 量子暗号技術は、物理学の量子力学理論を応用した暗号化技術で、暗号鍵を光子に乗せた「量子鍵配送」を用いることで、光子の揺らぎによって盗聴の形跡を検知し、不正な読み取りの防止を可能としている。Arqitの量子暗号技術ソリューション「QuantumCloud」は、簡易な設定で高セキュリティながら低コストの量子暗号技術を提供しているという。

 住友商事は、「QuantumCloud」の日本市場向けの営業活動に加え、官公庁やメーカー、金融機関などとも研究開発や共同事業を検討していく。たとえば、クレジットカードの決済情報の通信に量子暗号技術を適用し、顧客情報や決済情報の完全な秘匿保護を可能にするような、金融向けの量子暗号の普及を図っていくという。また、ArqitとNASDAQ上場の特別買収目的会社の合併に伴う私募増資を引き受けることも決定している。

 Arqitと住友商事は、今回のパートナーシップを通じて、最先端の量子暗号技術を活用したサイバーセキュリティソリューションを提供することで、安全で豊かな社会基盤の構築に貢献していくとしている。