Biz/Zineニュース

SQUIZ、EDのオンライン診療サービス「Oops」を提供開始

 SQUIZは、EDのオンライン診療サービス「Oops(ウープス)」の提供を本格開始した。LINEでの無料相談や簡易的なEDチェック機能も新たなサービスとして追加し、診察料も無料となる。また、診療後、最短翌日に処方薬がポストに投函されるという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 医療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回提供開始した「Oops」は、誰でもEDの診療が受けやすいよう、予約から処方まで、すべてのステップをオンライン化。診療後、最短翌日にポストに投函され、処方薬が持ち運びしやすいパッケージに入って手元に届くという。また、EDかどうかわからない人向けに、無料の簡易EDチェックも用意しているとしている。

「Oops」の特徴

  • 診療と処方は医師が実施:「Oops」が提携した医師が、悩みやライフスタイルに寄り添った診療を無料で行う。
  • 国内承認薬のみを処方:「MILD(シアリスのジェネリック)」「SPEED(バイアグラのジェネリック)」の二種類から、悩みや求める効能から適したものを医師が診察し決定。また、どちらの薬がより適しているかを知るための「トライアルセット」(MILDとSPEEDが各1錠)も用意している。
  • オンライン診療:クリニックに行くことなく、オンラインで受診することができる。また、LINEでの無料相談サービスも開始している。