SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ビジュアルシンキングforノンデザイナー

「情報の整理整頓」の考え方

第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

整理整頓で理解を深める

 ビジュアル化をする前に、このような情報の整理整頓を行います。

 整理整頓プロセスが持つ意味は2つあります。

 1つは、冒頭で述べたように、複雑な情報をそのままビジュアル化しても複雑なビジュアルが出来上がってしまうからです。

 整理整頓された情報の方が、伝わり易いビジュアルになる可能性が高まります。

 もう1つは、情報に対して整理整頓プロセスを通じて理解が深まる点です。

 十分理解できていると思っていても、案外上辺だけの理解だったりします。

 自分でビジュアル化まで行う場合はもちろん、デザイナーに依頼する場合においても、きちんと情報の整理整頓が行われた上でのオーダーかが仕上がりを左右します。

 図やインフォグラフィックを作ってみたものの、内容が伝わりづらいと感じるのであれば、情報の整理整頓が十分かを疑ってみましょう。

 次回は、ビジュアル活用の好事例を紹介する予定です。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ビジュアルシンキングforノンデザイナー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ビジュアルシンキング 櫻田(ビジュアルシンキング サクラダ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング