SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

デロイト トーマツ、製造業の戦略的なDXを支援するイノベーションスペースを9月に開設

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 デロイト トーマツ グループは、ものづくり企業の戦略的なDX推進を支援するため、デロイト グローバルが掲げる工場スマート化のコンセプトである「The Smart Factory」を具現化するためのイノベーションスペースを日本において展開する。第1弾として、2021年9月22日に京都市内にアジア・パシフィック地域においても初の拠点となる「The Smart Factory @ Kyoto」を京都先端科学大学と共同で開設することを発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 デロイト トーマツが展開するイノベーションスペースは、来場者がものづくりのスマート化に活用できるデジタルソリューションを見て、触れて、体験し、得たリアルなイメージを元に目指すものづくりの姿や実現の手段を深く思考する場。自社のDX化の目的と効果を明確化できず、工場スマート化の第一歩が踏み出せない企業から、スマート化に着手しているが取組みを加速したい企業まで、幅広く実機の体験とディスカッションの場を提供することを目的としているという。

 今回開設する「The Smart Factory @ Kyoto」は「Factory Connectivity~現場と経営をつなぐ~」をテーマに、分断されている現場のシステム、機器、装置を繋げることにより、今まで人が行っていた業務を機械化し、人がより付加価値の高い業務に専念できるようになることを目指せる場にしたという。具体的には、Factory Connectivity の実現に活用可能な様々なソリューションを見て、触れて、体験することができるショーケースエリアと、ショーケースエリアで得た体験をもとに、未来の工場の姿や実現に必要なデジタル変革を形にするワークショップなどを行うイノベーションエリアを設けている。

ショーケースエリア

 Factory Connectivityをテーマにデータのデジタル化、意思決定に必要な可視化、データ分析による現場改善の実現に効果的な8つのソリューションが展示。具体的には製造現場で使われる主要基幹システムと現場機器、装置の連携により大量生産の生産性を保ちマスカスタマイゼーションを実現するManufacturing4.0ライン、ウェアラブルデバイスや帳票ソフトウェア活用した製造現場のペーパーレス化・効率化、各種センサーとクラウドをつなげた設備稼働や工場環境管理などのデモンストレーションを見て、触れて、体験できるというもの。

イノベーションエリア

 工場スマート化に向けた第一歩を支援するため、スマートファクトリーの様々な専門家とともに行う構想策定やユースケース策定など、各企業のDX構想のアプローチに合ったサービスを提供。ショーケースエリアで体験し、具体的なイメージを描いた上で、戦略・プログラムマネジメント、テクノロジー・システム、組織・人事、オペレーションなど組織全体の改革を進めるためのPoC、ロールプレイなども含めたワークショップなどのサービスを提供予定だという。

 なお、「The Smart Factory @ Kyoto」は京都先端科学大学との包括連携協定に基づき共同で運営を行い、産学連携によるものづくりDX の推進を図る拠点としても位置付けているという。今後デロイト トーマツ グループは、東京都内にも非連続な技術革新による価値創造をテーマとした 「The Smart Factory @ Tokyo」の設立を検討している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング