SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

フューチャースタンダード、群衆検知AIの利用が可能なデモサイトを公開

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダードは、群衆検知AIアルゴリズムをモデル実装した「CROWD DETECTION DEMO SITE」の提供を開始した。このサイトは無償で利用でき、任意の画像をアップロードするだけで画像内の人数を自動で計測。また、新しい解析手法により、傘などの物体により全身が映っていない画像でも人数計測を行うことも可能だとしている。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 フューチャースタンダードが提供している「群衆検知ソリューション」は、人の頭部をカウントするアルゴリズムを映像解析AIプラットフォーム「SCORER」に実装することで、従来の技術では実現できなかった多人数の検知を可能にしたサービス。

 アルゴリズムに更なる改良を加えたモデルを無償で利用できるWebサイトをオープン。サイトを活用することで、群衆検知アルゴリズムの検証や各種イベント来場人数の可視化が手軽に行えるようになるという(静止画限定)。

 また、従来の人体頭部を検出するアルゴリズムに新たに人体検知のアルゴリズムを組み合わせ、複合的に解析を行うことで、傘などの障害物で頭部が検出できない画像でもカウントすることが可能に。画像認識技術により晴天雨天ともに計測ができるモデルは世界初の提供となる。

解析モデルの特長

 従来の手法に加えて、人体の一部が傘などから見えている場合、1名としてカウントすることが可能に。これにより、今まで解析が難しかった雨天時の人数計測の精度が大幅に向上したという。

群衆検知ソリューション

ユースケース

 既にこの解析モデルは一部事業者に利用が開始されている。主な目的はイベント時に密集状態になることを避けるため、一定地域内の人数を計測することに利用されているという。

 このデモサイトでは、イベント来場人数や施設の混雑状況の可視化に利用可能なものになっていて、数十人から数千人の規模まで、多様な場面で利用が可能だという。

群衆検知ソリューション

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング