SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

パナソニック、顔認証技術を活用した入場・決済サービスを東京ドームで運用開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、読売巨人軍、読売新聞東京本社、東京ドームの3社に、東京ドームでの一般来場者を対象とした新たな入場・決済サービスにパナソニックの顔認証技術が採用され、運用が開始されることを発表した。顔認証決済は2022年3月2日のオープン戦、顔認証入場は3月25日の公式戦から運用開始予定だという。

 今回、顔認証クラウドサービス「KPASクラウド」の入場・決済・チケッティング連携のアプリケーションが採用され、巨人戦の入場から決済までをシームレスに利用することができる新サービス「facethru(フェイスルー)」として運用が開始される。

 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、2021年3月から東京ドームで関係者を対象とした顔認証入場、および一般来場者を対象とした顔認証決済の実証実験を実施。実証実験の環境において、マスク着用時でも99%以上の認証率を実現したことで、今回の本格導入に至ったという。本格導入に際して、顔認証クラウドサービス「KPASクラウド」と合わせて、各種IDを連携する独自の仕組みも開発。新たにデザインした顔認証入場ゲートは、

  • 場所や時間、気象、季節で変わる設置条件に対応
  • 運用面を考慮して移動・設置が容易
  • ユニバーサルデザインへの配慮等利用者が使いやすいデザイン

という3つの特長を設計に反映している。また、ゲート本体およびチケッティングについてはイープラスと連携。さらにSuicaについてはJR東日本メカトロニクスが提供するクラウド型ID認証システム「ID-PORT」と連携させるなど、各種ID連携の仕組みを可能にしている。これにより、『GIANTS ID』を介して、顔認証による入場とSuica認証による入場を、1台の入場ゲートで実現したという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング