SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

損保ジャパン、日立が開発した擬似量子コンピュータの実務利用を保険引受業務で開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 SOMPOホールディングスと損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)、SOMPOリスクマネジメント(以下、SOMPOリスク)、日立製作所(以下、日立)は、損保ジャパンの損害保険業務において、日立が開発した量子コンピュータを疑似的に再現するCMOSアニーリングの実務利用を開始することに合意した。今後、4社は、CMOSアニーリングを活用した損害保険業務のDXを推進するとともに、各社の保有する多種多様なデータと技術の連携により、新たな社会価値を創造する協創活動を加速させていくという。

各社の役割分担

  • SOMPOホールディングス:検証の統括
  • 損保ジャパン:ビジネス要件抽出および実務プロセスへの技術実装
  • SOMPOリスク:ビジネス要件の定式化および自然災害モデルによるリスク定量化
  • 日立:イジングモデル定式化およびCMOSアニーリングを活用した最適化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング