SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineプレス

上場ベンチャー成長維持の難しさ──なぜグロース・キャピタルは東証再編と共に新たな支援を打ち出したのか

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

東証再編で上場企業は「成長」する使命を背負う

 東証は市場再編に伴い、上場企業の成長を促す3つの制度変更を行った。

  • グロース市場での「事業計画および成長可能性に関する事項」:中期経営計画の年1回以上の開示義務化
  • 上場維持基準の厳格化
  • 市場の鞍替えハードルの厳格化

 まず、旧来の市場において中期経営計画を開示する必要があったのは、マザーズ新規上場時の一度のみで、その後の開示は任意となっていた。結果、2021年3月時点で、上場企業の中期経営計画の開示率はたった27%。この問題を解決するため、グロース市場では年1回の開示が義務化されることとなる。これにより、企業の成長にどのような効果がもたらされるのか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineプレス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング