SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

帝人グループのイノベーション創出と知財インテリジェンス──IPランドスケープと改訂CGC対応とは?

PatentSight Summit 2022 レポート Vol.1:帝人株式会社 内山昭彦氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

知財リエゾンチームを軸に据えた「組織変革」

 知財部の活動の重要性が増す中で、内山氏は知財部門に関わる組織の変革に着手した。知財部は法務・知的管掌の中に、法務部と並んで置かれており、内山氏は法務・知的管掌と知的財産部を兼務している。知的財産部には2018年に移ったが、これからはイノベーションを創出していく組織と今まで以上にコミュニケーションを深める必要があると感じていた。

 そこで、2018年当初は特許開発室、知財戦略室、プロジェクト推進室、知財管理室と4つに分かれていた知的財産部を再編し、「知財リエゾン」と呼ぶ部隊を作って、事業本部や技術本部などに近接していろんな情報を得て、特許の掘り起こしや知財戦略を考える体制を整えた。現状は、知財リエゾンが執行機能を担い、特許出願などのオフィスアクションを特許開発室などが専門機能として担保している。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング