SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

三菱地所、5Gインフラシェアリング事業の拡大を発表 特許取得や事業提携により事業推進を加速へ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 三菱地所は、5Gインフラを建設して複数の移動体通信事業者(以下、通信事業者)に提供する「5G インフラシェアリング事業」を加速・拡大すると発表した。

 同社は今回、エクシオグループと共同で、基地局用シェアリングの建物屋上ソリューション およびその工法に関する特許を取得。また、JTOWERとの事業連携に基本合意した。

 これらにより、事業推進のスピードアップや5Gの普及促進を図るとしている。

 三菱地所とエクシオグループが取得した特許は、複数の通信事業者が建物屋上で同時にアンテナや無線装置を設置するためのインフラ構造、工法、光ケーブルや電源の提供方法など。これにより複数の通信事業者が、低コスト化を図りながら限られたスペースで置局を行うことが可能になるという。また、消費電力や資材、工事工数の削減など、環境負荷の低減につながると述べている。

 また、JTOWERと事業連携し、営業提携を相互に進めることで、より広範なエリアやアセットでの展開を加速。横浜みなとみらい地区ではスマートポール事業を共同で実施するほか、三菱地所が運営する一部の施設にて、JTOWERの屋内5G携帯通信環境整備のソリューションを活用し、丸の内・大手町や名古屋の一部のビルにて、5G対策を共同で進めていく予定だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング