SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

出光興産、企業や自治体の公用車・営業車のEV化をワンストップで支援するサービスを提供開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 出光興産と、同社の100%子会社であるソーラーフロンティアは、エネルギーマネジメントシステム(以下、EMS)を活用し、公用車や営業車のEV化を検討している自治体・企業向けに、EV・自家消費型太陽光発電システム・充放電設備(以下、V2H)・EMS・車両予約システムの導入をワンストップで提案・提供する「idemitsu CN(カーボンニュートラル)支援サービス」の提供を開始する。

 出光興産はこれまで、太陽光発電システム・EV・蓄電池を活用し、これらのリソースを最適制御することにより、エネルギーコストや環境負荷の低減、災害時のレジリエンス向上に資するシステムの構築を行い、2021年からは宮崎県国富町役場で実証実験を行ってきた。

 同実証実験で得た知見をもとに構築したEMSと、出光興産がもつEVリースなどの既存サービス、再エネ100%電力を供給する電力プラン、加えてソーラーフロンティアが供給する太陽光発電システム・V2Hを活用し、今回のサービス提供開始に至ったという。

[画像クリックで拡大表示]

 同サービスは、EV導入のための煩雑なプロセス、ゼロカーボンドライブを実現するためのEV用の再エネ電源確保、V2Hなど付帯機器の選定・設置工事、EV運用時の充電による電力の基本料金上昇リスクといった課題を解決するとともに、移動手段に加えて「動く蓄電池」としての価値を持つEVをEMS・車両予約システムと組み合わせる。これにより、エネルギー利用の効率化・最適化や電力料金の削減、停電時の給電(災害レジリエンス強化)を実現するとしている。

 出光興産とソーラーフロンティアは、同サービスの普及を通し、自治体・企業が利用するエネルギーの脱炭素化を促進すると述べている。

[画像クリックで拡大表示]

サービス構成要素

  • 電気自動車(EV):出光興産のメンテナンス付きカーリースサービス「オートフラット」でEVの提供が可能
  • 自家消費型太陽光発電システム・充放電設備(V2H):設備のリース(太陽光発電は規模に応じてPPAも可能)により初期費用0円で導入可能
  • エネルギーマネジメントシステム(EMS)・車両予約システム:平常時にはEVの充放電を最適に制御し、エネルギーコストや環境負荷を低減
    ※オプションとして、定置型蓄電池や普通充電設備も選択、組み合わせが可能

 上記の商品・サービス内容は顧客ごとにカスタマイズが可能だという。

サービスの特徴

導入相談・システム設計・施工、導入後の運用までをワンストップで支援
  • シミュレーションによる導入効果の試算
  • 自治体・企業のニーズに応じてカスタマイズした機器構成・サービスの提案
CO2排出量の削減
  • 公用車・営業車のEV化によるCO2排出量の削減
  • 自家消費型太陽光発電システムの導入、再エネ100%電力の購入による使用電力の再エネ化
コスト削減(経済的なメリット)
  • 公用車・営業車のEV化による燃料代の削減
  • 自家消費型太陽光発電システムの導入による系統電力の購入量の減少
  • 充電タイミングの分散化による電力基本料金の上昇抑制
  • V2Hを利用したEVからの放電によるピークカットによる基本料金の削減
  • 電力利用の最適化(デマンドレスポンス・裁定取引など)による、電力コスト低減による電力従量料金の削減
  • 公用車・営業車の利用状況の見える化による車両台数の最適化
管理業務の負担軽減
  • 車両予約システムの提供
  • 発電量・使用電力量の実績、充放電の状態、CO2削減量などの見える化システムの提供
非常時(停電時)の給電(BCP対応)
  • EV/蓄電池からの電力供給

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング