「和食」に特化したクラウドファンディング「和食エクスプローラー」がサービス開始

ラックが国内農水生産者の海外販路拡大をサポート

 ラック(東京都千代田区)は、このたび新規事業として、日本の食材を専門に取り扱うクラウドファンディング・プラットフォーム「和食エクスプローラー」のβ版の提供を開始した。

[公開日]

[提供元] entrepedia

[タグ] ビジネスモデル

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本食に特化したクラウドファンディングは、国内はもとより世界でも初めてとなり、世界的な日本食ブームを追い風に、日本の良質でヘルシーな「こだわりの農水産品」を掘り下げて、海外に発信していくという。

 また、サービスの推薦人である「アンバサダー」には、さまざまな農業支援活動で知られ、全国各地でファーマーズマーケット「青空市場」を主宰する俳優の永島敏行氏を迎える。

 ラックでは、和食文化への関心の高まりとともに、急増する「本物を求める外国人」と、海外販路やマーケティングノウハウを持たない「本物を作りだす中小生産者」との間に大きな需給ギャップが生じており、そのため、双方の溝を埋める“懸け橋”となるサービスをめざすとしている。

 「和食エクスプローラー」の利用手順は次のとおり。

  1. 全国の中小生産者(プロデューサー)が、会員登録後に自身のこだわりの農水産品を「プロジェクト」としてサイト上にアップ
  2. 海外の日本食に興味のある外国人(バッカー)が好みのプロジェクトを見つけて支援・購入
  3. プロジェクトごとに定められた募集期間後に、商品(リワード)をバッカーの下にお届け

 β版開始時には、「プロジェクト」ラインナップには、「紀州みなべ産 南高梅干し(和歌山県)」「ごまくるみ味噌つゆ(長野県)」「小魚のふりかけ 旅行の友(広島県)」 「希少種“黒菌”自家製 乾燥きくらげ(茨城県)」 が登録されている。

 このサービスでは、プロジェクト記事の英語翻訳、海外PR・集客、海外配送サポートなどをラックが担当する。また、会員登録やプロジェクト掲載において初期費用など一切なく、プロジェクト成功時にのみ成約手数料が発生するという。