SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

東芝エネルギーシステムズら、蓄電池劣化診断技術を活用した蓄電池事業での提携に向け検討開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 東芝エネルギーシステムズと関西電力は、蓄電池劣化診断技術を活用した蓄電池事業での業務提携に向けて、検討を開始した。

 東芝グループでは、蓄電池劣化に関して研究を続けており、様々な劣化診断技術を開発してきた。今回、業務提携に向けて、東芝エネルギーシステムズの蓄電池劣化診断技術の知見を、関西電力の蓄電池事業に取り入れ、アセットマネジメントの高度化や効率化を図るという。

 また、蓄電池の保守運用サービスなどの創出や、車載用・定置用蓄電池のリユース事業の展開に貢献するとしている。

 今後、両社で検討する蓄電池事業のサービスは、以下のとおり。

  • 蓄電所(系統用蓄電池)のアセットマネジメントサービス
  • データ活用による蓄電池保守運用サービス
  • EV・EVバスなどの車載蓄電池メンテナンスサービス
  • 劣化診断技術による寿命評価を用いたリユースなどのサービス
  • 定置型蓄電池のメンテナンス・買替支援サービス
業務提携のイメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
業務提携のイメージ
[画像クリックで拡大表示]

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング