SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NTT東日本ら、中学生のスポーツ実施率向上などに向け実証開始 専門家による遠隔指導や環境整備を実施

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 東日本電信電話(以下、NTT東日本)とスポーツデータバンク(以下、SDB)は、スポーツ庁委託事業「令和4年度 Sport in Life推進プロジェクト」において、デジタル技術を活用した専門家による遠隔指導などを通じた、中学生のスポーツ実施率向上およびスポーツ環境整備の推進に向けた実証を開始する。

 同事業では、地域スポーツ環境の整備によって中学生の運動・スポーツ意欲、実施率の向上を図る取り組みを行なっている。その一つとして、同実証では、中学生が手軽に始めることができる多様な運動・スポーツの充実や、指導者によるデータを踏まえた効果的な指導が受けられる環境整備を同時に行うという。

 具体的には、NTT東日本中央研修センタ(東京都調布市)と指導先の学校(北海道登別市、富良野市)を接続。学校配備のギガスクール端末を活用し、遠隔指導を実施する。

実証イメージ
実証イメージ

 また、学校スポーツDX応援パッケージ(実証中)として、遠隔指導で学んだ内容を復習できる「お手本動画レッスン」や、自らの弱点をクラウド上にアップし、指導者からアドバイスを受けることができる「リモート添削レッスン」を実証展開するとしている。

学校スポーツDX応援パッケージ
学校スポーツDX応援パッケージ

 各社の役割は以下のとおり。

NTT東日本
  • デジタル技術を活用した遠隔指導環境の提供
  • 専門指導者(実業団チーム)による指導ノウハウの提供
  • 実証を踏まえた部活動支援事業化の検討など
SDB
  • 同事業におけるプロモーター、全体プロデュース
  • 実証エリアとなる自治体との連携など
登別市、富良野市
  • 実証エリア(学校)およびGIGAスクール端末の提供
  • 実証によるスポーツ関連データの提供
  • 部活動の地域移行の実現に向けた実証結果の応用など

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング