SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Innovation Doing

経営を「1階建てから2階建てにする」

第3回:Japan Innovation Network 紺野登、西口尚宏 (3)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ベンチャーとの違いは「人材」

西口:
 社長が新規事業にコミットすることがなぜ必要かというと、大企業の中には現業を計画通り、効率よく実行できる人材が沢山いるからです。ここがベンチャー企業との決定的な違いです。何も社長自ら現業の実行に貴重な時間を使わなくてもいいんです。最も優秀で意思決定のできる人が、2階部分の経営、つまり「イノベーションのエコシステムづくり」に時間を使って欲しいと考えています。

 フロンティア人材研究会を通じてさまざまな欧米の優れた企業を調査しましたが、最大の違いはトップが現業については権限委譲を行い、イノベーションについては自らリーダーシップを発揮しているということでした。現業は明確なKPIで縛り、業績評価を行っています。そして、新しいことを生み出す仕事を社長が行っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Innovation Doing 連載記事一覧
この記事の著者

津嶋 辰郎(ツシマ タツロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング