SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

福岡STARTUP STYLE

派遣プログラマから起業し世界進出。福岡ベンチャーの雄、ヌーラボ橋本さん

ヌーラボ 代表取締役社長 橋本正徳氏 インタビュー

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

英語版サービスのリリースが勝機

 自社製品をサービスとしてはじめたのは2007年から。プロジェクト管理ツールの「Backlog」というサービスです。

 「プロジェクト管理ツール」って昔からいろいろありますが、どれも暗いんですよね(笑)。もう少し明るくて楽しく使えるようなものがほしいと思ったんですよね。仕事って、キツイですし、大変ですし、せめてシステム使ってる時くらいは明るいインターフェースがいいなっていう気持ちからです。

 リリースした頃は、プロジェクト管理という企業の重要な情報を、ヌーラボなんて無名の会社のサービスにまかせてよいのかとか、貴重なデータを社外に預けるのはどうか、みたいな批判はありました。2007年ってまだクラウドなんて怪しまれてましたしね。そうはいっても多くの人は賛同してくれたんだと思います。賛同してくれてなかったら、今、こうなっていないので。

 その後、「Cacoo」っていうブラウザで図を描くというツールを作って、リリースしました。その時に海外にトライと思って海外向けにリリースを出しました。 最初から英語でもリリースしたのが大きかった。もともとデザインや画像を扱うものなので、そんなに言葉がいらないのと、あまり説明が必要だとかえって使いづらい。なので英語にするためのコストは、思ったほどかからなかったと思います。

初の海外イベントへの参加はピッチ系ではなく出展系へ

 それでCacooをリリースする時に、海外に行きたいと思ったんですね。憧れがあった。それまで海外経験がなくて、パスポートも持っていなかったのにね(笑)。そこで友人の紹介で、ワードプレスの「ワードキャンプニューヨーク2009」っていうイベントに行くことにしたんです。しかも参加者ではなくスポンサーとして。そうしてスポンサーブースも持つことができまして、そこでCacooのベータ版を来場者の方たちに触ってもらったりとかしてもらいました。

 そのイベントに出展することで直接売上につながるとかは無かったんですけど、いかんせん初めての海外で、自分たちの作ったサービスが初めて目の前で海外の人に触ってもらう機会を得たので、海外でもやれるんじゃないかっていう気持ちが高まった。この時の経験が、後から海外へのチャレンジにつながったと思います。

 よく、スタートアップだと、シリコンバレーとか西海岸の投資家向けのプレゼンテーションのイベントとかに出かけたりしますけど、僕の場合、ニューヨークのイベントでの出展が海外デビュー。出展って、お金さえ出せば可能ですしね。

 僕らみたいな会社って、ピッチイベントってあんまり向いていなくって、最初から展示イベントに出たというのは良かったのかなと思います。起業した当初から、お客さんのために作って、直接かかわり合いたいというマインドを持っているので、出展してブースを出して、動くソフトウエアをそこにどんと置いて、実際に触ってもらって、フィードバックを貰うっていうのがすごく良かったんです。取締役3人と通訳とで4人で行きました。

次のページ
オンライン画像共有サービス「Cacoo」がヒット

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
福岡STARTUP STYLE連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング