ゼロワンブースター、世界最大の事業アクセラレーター団体「GAN」へ加盟

日本で初めてNetwork Memberとして加盟

 ゼロワンブースター(東京都港区)は、世界最大の事業アクセラレーターの業界団体であるGlobal Accelerator Network(GAN)に日本で初めてNetwork Memberとして加盟した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] コミュニティ 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界的な事業アクセラレーターの業界団体である「GAN」のNetwork Memberに加盟するには、「GAN」が定めるNetwork Memberの基準に準拠している必要があるという。その基準は、メンターの組織化やアクセラレータープログラム運営基準、専用ロケーションの準備、経営メンバーが起業家であることなど、多岐にわたるが、このたび、ゼロワンブースターは、その基準を満たしているとして、日本で初めて加盟することになったとしている。

 今回の加盟により、ゼロワンブースターは国際的な事業アクセラレーターのノウハウやメンター/支援者陣へのアクセス、さまざまなインセンティブの活用が可能になり、また海外の成功事例やその手法へも、今まで以上に精通することが可能になるため、大手企業、ベンチャー企業(起業家)・中小企業へ、より充実した事業創造サポートを提供することが可能になるという。

 同時に、日本国内の状況やノウハウを海外と共有することにより、日本国外でのビジネスを希望する大手企業やベンチャー企業(起業家)・中小企業と海外プレイヤーとの橋渡しを強めることが可能になるという。

 ここでいうアクセラレーターとは、ベンチャー企業(起業家)・中小企業の企業・事業価値の向上及び、創造期のベンチャー企業(起業家)の加速度的な事業拡大をサポートする組織の総称。特に、ゼロワンブースターが実施するコーポレートアクセラレーター(CAP)は、大企業と、ベンチャー企業(起業家)・中小企業が足りないリソースを相互に補完しあい、革新的なビジネスを共創するプログラムを意味する。