統計家 西内啓氏所属のデータビークルに電通デジタルが出資

データサイエンス専門ベンダーである株式会社データビークル(代表取締役社長:油野達也)は2015年12月、株式会社電通デジタル・ホールディングス(以下DDH)が運用する「電通デジタル投資事業有限責任組合(電通デジタル・ファンド)」を通じて、DDHを引受先とする第三者割当による増資を実施した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] データ・アナリティクス ベンチャー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データビークルは、「統計学は最強の学問である」の著者で統計家として著名な西内啓氏、インフォテリア常務執行役員の経験を持つ油野達也氏、個人投資家で人気ブロガーとしても知られる山本一郎氏らが2014年11月に設立したデータサイエンス専門企業。データ分析のためのソフト『DATA DIVER』をはじめとするツール群の開発と販売、データサイエンティストの育成を目的としたトレーニング、コンサルティングを柱に事業を展開している。 今回の資金調達によって、「DataDiver」をはじめとするデータ分析サービスの向上・拡充、エンジニアの採用による開発チームの強化、それに伴う新規プロダクトの開発促進、ならびにマーケティング活動やビジネス領域拡大等の取り組みに投資するという。

電通デジタル・ファンドについて

  • 正式名称 :電通デジタル投資事業有限責任組合(電通デジタル・ファンド)
  • 組合組成日:2010年10月1日
  • 出資金総額:100億円
  • 運用担当 :株式会社電通デジタル・ホールディングス
  • 重点投資領域:  - デジタル・マーケティング・プラットフォームおよびデジタル・メディア  - デジタル・テクノロジー  - ソーシャル・マーケティング  - デジタル・デバイス開発  - デジタル技術を活用した新たなビジネスモデル展開
  • 投資地域:日本、中国を中心とするアジア、米国を中心とする欧米

株式会社データビークル概要

  • 名称 : 株式会社データビークル
  • 代表者 : 代表取締役 油野達也
  • 設立 : 2014年11月
  • 事業内容 :データ分析ツールの開発、販売
  • URL : http://dtvcl.com/