SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「複業」という生き方

複業は「働き方ではなく、生き方」―成功の第一歩は、ロールモデルを見つけること

第2回:中村龍太さん インタビュー【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「複業」は会社の問題ではなく、担い手の問題なのかもしれない

――振り返ってみて、複業にはメリットだけでなく、デメリットもあると思われますか。

龍太: 収入や時間のことを考えても、ライフプランを踏まえても、現時点で特に問題はないですね。例えば、ある日ある時間に2つの仕事がだぶっちゃったというときには、外部に求めたりしています。サイボウズの場合は、社外のリソースをパートナーという形で協力を仰ぎ、動いてもらったりしています。
 そんなに難しく考えなくていい。複業は、どこの会社でもやれます。実際に「社員から言われればやっていいよ」っていう経営者の方々の声も耳にします。ただ、「本当にやりたい人がいるの?」とも訊かれます。むしろ、そちらが課題なのではないかと思います。首都圏や関西圏で働いている人は本業だけで精一杯で、「副業」も「複業」もやりたい人のほうが少ないかもしれません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「複業」という生き方連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング