SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「複業」という生き方

複業は「働き方ではなく、生き方」―成功の第一歩は、ロールモデルを見つけること

第2回:中村龍太さん インタビュー【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

SNSは、自身の履歴書の一部であり、今の自分のスキルを確かめ、仕事を増やす

――そのほかにフェイスブックは、どのように活用していらっしゃいますか。

龍太: フェイスブックを使うと、自分が何をしているかを周囲と共有できるだけでなく、自分が何をできるのかを確認して売り込むことができます。
 複業を始めると、1つの会社だけに属しているわけではないので、「会社人」から「社会人」になる。さきほどの業績評価のところでも触れましたが、経営者から見ると、中村龍太を「社会人」として見ないと、その価値は分かりません。逆に、僕のほうも会社の枠にとらわれず、個人として何ができるかを発信していかねばなりません。
 例えば、僕がドローンを飛ばして、自分の畑の周辺を撮影して、その様子をフェイスブックに投稿する。そうすると、「面白いね。それ、仕事としてウチでもやってくれませんか」というオファーが来たりするんです。ここで重要なのは、単にそこで得る収入のことだけではなく、この投稿に関係するスキルには、社会的な価値が存在することを知る。その実績と自信をもって会社に売り込むことができるのです。こうして、今現在の自分のスキルをフェイスブックなどのSNSを使って把握できる時代になっていることを認識すべきです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「複業」という生き方連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング