シーナ・アイエンガー博士「選択はスキル。その技を磨きながら人生を切り拓こう」

「The Art of Choosing (選択の技術)」講演レポート(前編)

 2016年3月、「選択」の研究者でNHKの「白熱教室」で広く知られるコロンビア大学教授シーナ・アイエンガー博士が来日。23日にアジア女子大学のファンドレイジングセミナーで講演した。自身の人生をまさに「選択」で切り拓いてきたアイエンガー博士の「選択の科学」論の一端を前後編で紹介。前編の今回は、同博士の生い立ちから「選択の科学」のベースとなる考え方を紹介する。

[公開日]

[講演者] シーナ・アイエンガー [取材・構成] 有須 晶子 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] リーダーシップ 事業開発 教育 意思決定 イノベーション 選択

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「選択」という観点から自分の人生の物語を紡ぐ

 シーナ・アイエンガー博士は、インドからカナダに移住した両親のもとにカナダ・トロントに生まれ、その後アメリカに移ったインド系アメリカ人2世である。両親は敬虔なシーク教徒。アイエンガーさんは「両親はアメリカ育ちのシーク教徒らしく将来はエンジニアか医者になり、適齢期がきたら親が選んだ同じシーク教徒の男性と結婚すると期待していたはず。」と笑う。

 ところが、幼少時に先天性網膜色素変性であることが判明、高校時代には全盲となる不運に見舞われる。さらには、13歳で父親を突然死で失い、同じ病気でやはり盲目の妹とともに無一文の母親に残された・・・。こう語れば、運命に翻弄されるばかりの人生の物語だ。しかし、アイエンガーさんは、「もう一つ別の物語がある」という。

私の人生は、起業家スピリットに溢れた若者の物語ともいえるのです。
つまり、両親は、自分たちと子供たちのために、より良い生活を求めてアメリカへの移住を選びました。父は『マンハッタンにやってきたときにはポケットに1ドルしかなかったけど夢だけはいっぱいあったんだよ』と、自慢していたものです。私はその夢とともに育てられ、その夢の中に、たとえ盲目でも見える光を見出したのです。
それがチョイス(選択)でした。そして運命や機会という意味では理解しがたい自分の人生を、選択という観点から、見つめてみることを『選択』したのです。

選択の集積がリーダーを作る

 アイエンガーさんは、スティーブ・ジョブスやマハトマ・ガンジーら、世界的に有名な指導者たちの写真を見せ、「この人たちを指導者たらしめたものは何か」と、聴衆に問いかけた。生まれつきカリスマ性があったのか、それともたまたま幸運が重なったのか。

こうしたリーダーたちについて、生まれつきの運命、チャンス、選択のどの面から語っても、一面の真実は表せるでしょう。
(選択という観点から見れば)彼らは、機会を捉え、選択をし、その選択を行動に移しました。それが、彼らを特別な存在にしたのです。
究極的には、リーダーが日々やっていることは、選択です。その選択の集積として、リーダーの姿がある。リーダーというのは、様々な選択の累計なのです。

 アイエンガーさんは、選択は「人生をコントロールするためのパワフルなツール」であり、選択という行為は、改善して伸ばしていけるスキルだと説く。選択というツールをもっと有効に使えるようになるために、アイエンガーさんが紹介してくれた研究をいくつか見ていこう。

バックナンバー