成城石井、ワークスの人工知能型ERP「HUE」ACシリーズを採用

人工知能活用で業務生産性を高め、付加価値の高い働き方へ

 ワークスアプリケーションズ(東京都港区)は、成城石井(神奈川県横浜市)より、新統合会計システムとして「HUE(ヒュー)」ACシリーズを受注したことを発表した。(画像は「HUE」のWebサイトより)

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 成城石井は、高品質スーパーマーケット「成城石井」を運営し、メーカー、商社、卸、小売、飲食の機能を持つスーパーマーケットとして新業態に挑戦し、経営の多角化を推進する中、7年連続増収増益を達成し売上高690億円を超える急成長を遂げている。

 同社では、今後の急速な事業拡大を支え、将来的な環境変化に耐えうるシステム基盤の検討を開始した。このたび、新統合会計システムとして、同社独自の成長戦略のもと徹底した業務改革が可能な「HUE」の採用を決定したという。

 「HUE」ACシリーズは、「人工知能によってエンドユーザーの利便性を向上し、ルーティンワークをなくす」ことをコンセプトに、 財務会計・管理会計、債権債務管理業務などを支援する革新的な機能群を搭載している。

 例えば、商品の品揃えやオリジナル商品の開発に注力する成城石井では、取引先や取引形態などが広範多岐にわたり、請求書処理業務においてはフォーマットや言語・通貨が異なる膨大な量の請求書を担当者が読み解き、システムへ手入力していた。

 このような入力作業に関して、「HUE」では各書類をスキャンし取り込むだけで、瞬時に文字列やデータを解析し、自動的に項目のマッピング・入力を行うことができる。マッピングされない場合は、最適な候補を割り出してサジェストするので、担当者はその情報を確認し“選択”するだけで業務が完結する。

 さらには、「HUE」はそれらの後続処理を自動学習するため、非効率な作業を徹底的に排除することが可能になる。

 このように、人工知能を活用した自動解析と自動学習によって業務効率を最大化した上で、経営指標の可視化や高度分析など経営の質とスピードを高める仕事にシフトすることで、付加価値の高い働き方が実現可能になるという。

 「HUE」は、分散技術による高速処理と人工知能によるビッグデータ解析によって、これまでにないユーザー体験と、新しい業務のあり方を提供するソフトウェア。情報は入力し収集するものではなく、選択する時代に変わるなか、ユーザーのオペレーションを学習し自動的に処理を実行するという。