Biz/Zineニュース

奈良県教育委員会がアドビの教員向けサービス活用し創造性教育を推進

アクティブ・ラーニングと情報デザインに対応

アドビ システムズは、教員向けコミュニティサイト「Adobe Education Exchange (AEE)」を提供開始した。AEEは、現在世界で31万5千人以上の教員がメンバー登録している無償のオンラインコミュニティ。日本版の開始にあたり、奈良県教育委員会と協力し、創造的な体験授業のためのアイデア、授業素材などを共同開発し、教員に提供していく。 (TOP写真:アドビシステムズ株式会社 マーケティング本部 教育市場部 増渕賢一郎)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 教育IT

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本での教育市場に力を入れているアドビだが、18の国公立大学、76の私立大学、4つの教育委員会と包括的契約を結び、Creative Cloudの教育機関導入を推進してきた。
今回教員向けコミュニティサイト「Adobe Education Exchange (AEE)」(出典:アドビシステムズWebサイト)の提供で、奈良県の教育エバンジェリストと連携し、「教材制作のための活用研修、素材」「学校活動での活用事例」「生徒の演習を支援するチュートリアル」などを提供していく。こうしたリソースとノウハウの提供で、学校教育現場で「アクティブ・ラーニング」や「情報デザイン」といった時期指導要領にも対応していくという。

奈良県教育委員会事務局学校教育課課長 深田展巧氏/奈良県立磯城野高等学校教諭 松下征悟氏/
ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野雄介氏

10月11日の発表会見で、奈良県教育委員会事務局学校教育課課長 深田展巧氏は「奈良県は以前は全国の教員のICT活用力の調査は最下位、この5年間のアドビとの包括的協力で教員のICT指導力が格段に向上した」と語った。
また、奈良県立磯城野高等学校教諭の松下征悟氏は、奈良県の名勝「依水園」の観光紹介をおこなうスマホ用のARアプリを生徒たち制作した事例を紹介した。
プログラミング学習オンラインサービスを提供するライフイズテックの水野雄介氏はが中学、高校生のプログラミングITキャンプやアドビのPhotoShopなどのツールを使い、アドビとの教育の元中高生のプログラミングやデザイン教育を支援していくという。

Adobe Adobe Creative Cloudを用い奈良県立磯城野高校の生徒がARコンテンツを制作