SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineプレス

「人望が無い奴」は管理職に出来るのか?育成のプロが語った「抜擢人事」のポイント

カオナビ Management Camp2016 レポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「抜擢される社員」と「外される社員」のギャップを埋める

日清食品ホールディングス株式会社 人事部 人材開発室 課長 橋本晃氏

日清食品の人材抜擢は、若手が「手を挙げること」を重視していると日清食品ホールディングスの人事部の橋本氏は言う。日清食品では、入社2年目研修ではメンター制度をとり、3、4年目では海外トレーニーやマーケットトレーニー制度での研修を行なう。海外トレーニングへの応募は、2年目から受付、応募した人間から海外での経験を積む場所を提供していく。
30代以降は、早期昇進制度で促していく。日清食品の場合、ブランドマネージャが花形の一つだ。当然、こうした花形の職種には限りもある。人事としての仕事は、こうした異動や昇進を、現場のリーダーとの調整でやりきるところだという。

若くしてブランドマネージャーになる人間もいるし、はずされる人間もいます。各部門長と膝を突き合わせてコンセンサスを作っていく。これを全社、全部門で取り組んでいくのが、人事のある意味で泥臭い仕事です。(橋本氏)

外される人間には、異動先のポストの重要性を納得させ、どれだけモチベーションを維持できる仕事を用意できるかも、人事の腕の見せどころだと橋本氏はいう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineプレス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング