Biz/Zineニュース

電通ベンチャーズ、最先端体験型エンターテインメントの米ツービットサーカス社に出資

2017年後半、米ロサンゼルスに最先端テクノロジーによるテーマパークを設立

 電通が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」は、VRやIoTなどの最先端テクノロジーを体験できるエンターテインメントを提供する米ツービットサーカス社に出資した。(画像はツービットサーカス社のサービスイメージ)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「電通ベンチャーズ」は、野心的なスタートアップ企業への投資と、投資先との協業を通した同社グループのオープンイノベーションを実現するために、2015年4月に設立したファンド。資金提供のみならず、同社グループならではの課題解決に向けたソリューションやリソースを提供することで事業や起業家を支援している。

 ツービットサーカス社は、最先端テクノロジーの価値をエンターテインメントとして体験できるイベント型設備を展開してきた。今後は、最先端テクノロジーを活用したテーマパークも設立していく予定だという。

 最初のテーマパークは、2017年後半に米国ロサンゼルスに設立し、最新のバーチャルリアリティー(VR)・ミックスドリアリティー(MR)や、科学技術を用いた食品、ロボットなどを含む体験型のエンターテインメントを提供していく予定だ。自社やブランドパートナーが開発したハードウェアおよびコンテンツのショーケースとして活用する予定だという。

 電通ベンチャーズは、最先端テクノロジーを体験できるショーケース設備開発に強みを持つツービットサーカス社と連携することにより、同社グループのクライアントやパートナーの持つ革新的な技術やコンテンツを用いたエンターテインメント開発や、日本を中心とするアジアにおけるビジネス展開が可能になるとしている。