SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

藤野英人氏が語る、地方創生において重要な「遊び場・学び場・働き場」と「3種の虎」とは

「ボトムアップではじめる地方創生とは?」セミナーレポート:前編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

他地域への横展開が「成功しやすい地方での起業」、他地域への横展開が「見えづらい東京での起業」

 地方で勝つということは意味があることだ。「山梨で勝ったモデルは、群馬でも勝つかもしれないし、新潟でも勝つかもしれない。けれど、東京で勝てるモデルは、山梨で勝てるか分からない。地域性というのはあるが、地方を席巻する力があるものはだいたい他の地方でも勝てる余地がある。なので、地方で勝てるのは意味がある」と藤野氏は力を込める。その理由を藤野氏は次のように説明する。地方は人件費も土地の値段も安いため、トライアンドエラーが小さい規模でできるからだ。東京は人件費も土地も高いので、「勝負が大きくなってしまって一回の失敗で力つきることが多い」。地方で勝てたら、他の地域に行ける可能性があり、そもそも地方で戦うことが有利だというわけだ。

 藤野氏は「伸びる企業」で投資先の目安にしている基準を3つあげた。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング