物流の自動配送ロボットを開発するスタートアップHakobotが設立。アドバイザーに堀江貴文氏

 無人の自動配送ロボットで地方物流のラストワンマイルの課題を解決するため、地方都市宮崎市にて会社を設立。アドバイザーには堀江貴文氏が就任。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動運転技術を駆使した配送ロボットの開発を行い、迅速な市場への導入を目指すHakobotがSNS media&consulting、ヒトメディア、その他個人投資家からの出資により2018年5月に設立された。あわせてアドバイザーにはロケット事業も手がける堀江貴文氏が就任したと発表された。

 Hakobotは運送業界の人手不足や労働環境問題の解消、ロボットの導入による業務の効率化を目指し設立された会社で、自動運転技術を利用して、陸上を走る無人の自動配送ロボットを開発中という。

 インターネットの普及等によって、通信販売による荷物の運送量は格段に増加し、地方と都市の間での消費格差も少なくなっている。近年、日本では年間約35億個以上の宅配便が運搬されており、特に地方では人口の減少や高齢化も相まって、配達員への負担は日に日に大きくなっている。その運送業界の問題を解決し、日本におけるラストワンマイルを埋めるロボットを早期開発、早期の市場参入を目指し開発に取り組むという。

カメラやセンサーなどによって人物や障害物などを認識しながら運転を行うイメージ図

カメラやセンサーなどによって人物や障害物などを認識しながら運転を行うイメージ図