慶應大学とCCCマーケティング、「書店の未来」をテーマにしたデータビジネス創造コンテストを開催

 慶應義塾大学SFC研究所データビジネス創造・ラボは、今回のビジネスパートナーであるCCCマーケティングのサポートのもと、「書店の未来」をテーマに、読書文化の未来を創造するようなネット時代の「Neo書店」の提案する「第8回 データビジネス創造コンテスト ~Digital Innovators Grand Prix 8(略称:DIG 8)」を開催すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] データテクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このデータビジネス創造コンテストは、全国の高校から大学院に通う生徒・学生を対象としており、「書店の未来」をテーマに、書籍販売データやオープンデータ等を利用し、読書文化の未来を創造するようなネット時代の「Neo書店」の提案を競うもの。

 慶應義塾大学SFC研究所は、今回のコンテストのテーマ策定や審査、表彰等の運営をCCCマーケティングとともに進めると発表した。また、CCCマーケティングは「TSUTAYA」「蔦屋書店」の書籍販売データを、今回のコンテストに活用するために提供するという。

 CCCマーケティングは、顧客より預かったTカードのデータを社会や生活者へ還元していくことが企業としての社会的責務としており、Tカードのデータに接する機会を広くオープンにしていくことに取り組んでいる。今回はその取り組みの一環として、コンテストにデータを提供し、参加者がデータに触れながらビジネスを創造することで、データの新たな価値の創造や再発見につながることを期待している。

 申し込みは7月6日からで、エントリー締切は8月22日。本選出場チームが9月3日に発表され、9月15日に慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホールで本選プレゼンテーションと表彰式が開催される。