ソラコム、SORACOM IoT Fund Programを通じてアジアの通信企業UnaBizに出資

 ソラコムは、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」の投資プログラムのひとつである「SORACOM IoT Fund Program」を通じて、シンガポールや台湾でSigfox通信ネットワークを提供するUnaBizに出資し、戦略的業務提携すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回ソラコムが出資したUnaBizは、アジアで最も早く正式なSigfoxのネットワークオペレーターとなった、シンガポールに本社を置く通信スタートアップ。顧客がより簡単にSigfoxを使ったIoTシステムを利用できるよう、UnaShieldなどのSigfoxモジュールや、UnaSensorsなどのセンサーデバイスを提供している。また、台湾を拠点に顧客の要望にあわせデバイス設計も手がけ、通信とハードウェア設計の両方のノウハウを持っていることが特徴という。

 ソラコムでは、2016年7月のSORACOMプラットフォームのSigfox対応開始と同時にUnaBizが製造するSigfoxモジュールUnaShieldをSORACOMユーザーコンソールでの取扱を開始。通常1国1オペレーター制であるSigfoxネットワークを、複数の国を超えて国際間接続するためのネットワーク接続や課金、IoTプラットフォーム連携の分野でUnaBizと既に協業しているという。