SmartHRがプラットフォーム構想発表、freee、ジョブカン、LINEと連携、店舗向けiPad版や「すごい社員名簿」など投入

 SmartHRは、9月11日に開催されたイベント「SmartHR Next」において、HRプラットフォーム化構想を発表した。会計ソフトのfreee、勤怠管理のジョブカン、LINEなどとの外部サービス連携も強化する。さらに「iPadアプリ」「HRレポート」「すごい社員名簿」などの新サービスを今後投入していくという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] HR Tech SmartHR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「SmartHR Next」に登壇した宮田社長は、SmartHRのサービスが公開から2年6ヶ月を経て、ユーザー企業数が16000社を突破し、サービスの継続率も99.6%に達することを発表。人事労務の領域の中で「社会保障制度」にフォーカスしたことで、急成長したことを語った。

 さらに宮田社長は、「日本における働き方改革は、推進する人事労務担当者の負荷を軽減すること」だという考えを示した。

 社会保険の手続きのクラウド化からスタートしたSmartHRは、すでに「年末調整」「雇用契約書」などのスマホアプリによるサービスも提供している。とはいえ人事労務担当者のニーズは、まだまだ幅広く多様化している。宮田社長はこうした多様なニーズに対応するため、「中途半端なサービスは提供しない」と語り、それぞれの領域の本格的なサービスとの外部連携を強化することによって、HRプラットフォームの実現をめざすという。

 SmartHRはすでに、給与計算、採用、チャットサービスなど、数多くのサービスとの外部連携を果たしてきたが、今回、一部競合サービスでもあった勤怠管理の「人事労務フリー」と「ジョブカン」ともつなぎ、福利厚生サービス「RELO CLUB」、「LINE」とも連携すると発表した。

 また今後「店舗向けiPadアプリ」「HRレポート」「すごい社員名簿」などの新サービスを投入していくという。

  さらにこれまで、人事の中で別々に閉じて存在していた、採用管理、評価、エンゲージメントのデータもクラウド上のプラットフォームに集約していき、AI時代への対応に向けて活用していくという構想で締めくくった。