チームスピリット、東京オリンピック開催期間中の交通需要マネジメントを「TeamSpirit」で支援

 チームスピリットは、同社が開発・提供する働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を活用し、2020年大会開催期間中の交通混雑緩和の支援を行うと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイルIT 働き方改革

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チームスピリットは、東京都・大会組織委員会・国の3者主催、経済団体等協力の東京2020大会開催期間中における交通混雑緩和に向けた交通需要マネジメントの取り組みを行う「2020TDM推進プロジェクト」に企業として参加した。そこで、「TeamSpirit」を活用し、2020年大会開催期間中の交通混雑緩和の支援を行うことが決まった。

 「2020TDM推進プロジェクト」では、参加企業に対して、人・モノの移動を円滑にするために、

  • 時差Bizやテレワークの積極的な利用
  • 配送の時期や時間帯の変更
  • 大会期間中に夏季休暇を取得など

を呼びかけている。

 これに対しチームスピリットは、自社サービス働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を活用し、

  • 大会期間中の積極的なテレワークの実施
  • 有給取得の促進
  • 時差Biz 等

に積極的に取り組むとしている。