日本マイクロソフトと北菱電興、リアルタイムでの除雪車運行状況把握と報告の自動化を加賀市が導入と発表

 北菱電興と日本マイクロソフトは、石川県加賀市が、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用した北菱電興の除雪車運行システム「スノプロアイ」を採用したと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT クラウドコンピューティング

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北菱電興の「スノプロアイ」は、大量のIoTデバイスを接続して管理できるマイクロソフトの「Azure IoT Hub」や、サーバーレス機能である「Azure Functions」を活用している。それによって、多様なデバイスをサポートし、セキュリティを担保しつつデータ管理の簡略化を可能にしている。

 また、AzureのPaaS機能を活用することで、運用負担の軽減と、季節や積雪量により変動するシステム負荷へのきめ細かい対応を可能にしているという。

 今回の導入で加賀市は、職員が電話などで把握していた各除雪車の現在位置や、現地で直接視認する必要があった除雪が済んだ場所が、分かりやすく地図上で可視化され、リアルタイムで把握することが可能になったという。

 同時に各除雪車のカメラで撮影した道路状況を市役所から確認することできるため、市民からの問い合わせにも即座に応えられるようになるとしている。

 また、除雪作業終了後に提出する報告書作成プロセスおよび除雪費用の計算も大幅に自動化され、運用負担の大幅な軽減と負荷変動へのきめ細かい対応が可能になり、除雪作業に関わる費用の削減も期待できるという。