JAL、アクセンチュアと協力し、人工知能を活用した空港旅客サービスシステムを試験導入

 日本航空(以下、JAL)は、アクセンチュアと協力して人工知能(AI)を活用した空港旅客サービス案内の支援システムを開発した。JALは成田空港および羽田空港の国際線チェックインカウンターにおいて3月12日から試験導入するという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回発表したサービスシステムは、AIがスタッフの音声から判断した答えを瞬時にタブレット端末に表示することで、利用者を待たせる時間が大幅に削減され、ストレスフリーに寄与するという。加えて、利用者との会話・コミュニケーションが活性化することで、利用者、社員双方の満足度向上につながることも期待するとしている。

 JALとアクセンチュアは、2018年10月に成田空港および羽田空港のチェックインカウンターにおいて一部のスタッフを対象に実施した有効性の検証結果を踏まえ、3月12日から実際のチェックイン作業において試験導入を開始する。

 今後は、2019年3月末まで試験導入を継続し、評価を行った後に、成田空港・羽田空港での本格導入を検討するとしている。

 サービスの開発にあたり、アクセンチュアは、AIやデータサイエンスの専門組織「アクセンチュア アプライド・インテリジェンス」が有する技術力や、コンサルティング組織「アクセンチュア・コンサルティング」が有するアジャイル型のプロジェクト推進手法、航空業界における知見を活用したという。

 また、複数のAIエンジンと業務プロセスを最適に組み合わせることが可能な「AI HUBプラットフォーム」の採用によって、二週間でAIエンジンを活用した基盤を開発。この基盤は、AIがJALのナレッジデータベースやホームページなどの情報を瞬時に検索・表示するためのもので、音声認識エンジンなど複数のAIエンジンが組み合わさっているという。