SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

意思決定プロセスを変革するOKRとは?

数字と紐づくビジネス部門のOKR運用──成果と成長を評価する2つのオブジェクティブとは?

第5回 特別対談 ゲスト:葉村真樹さん【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

全社でOKRを導入する最短ルートは“トップの発信”

堀江:日本の大手企業もOKRに着目しつつあります。一方で、大手企業はミッション志向・目的志向が薄い傾向にあると思います。大手企業がOKRを受け入れる風土を醸成ためには、何をすればいいでしょうか。

葉村:日本企業の中で、それぞれの部署が何のために存在するかを定めるため、また、機能の重複を可視化するためにKGIやKPIをウォーターフォールチャート化することは一つの方法だと思います。その中で、OKRとそれに紐づくKGIが「この会社が、この部署がなぜ存在してるのか」を表すようになれば、メンバーも自然と考えるようになると思います。やはりそれをトップダウンで進めていくしかないですね。メルカリですらトップダウンでOKRを取り入れていたんですから。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
意思決定プロセスを変革するOKRとは?連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング