トレタ、飲食データラベリング技術を用いた分析サービス「外食データクラウド」の提供開始

 飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ(R)」を開発・販売するトレタは、 分析サービス「外食データクラウド」を2019年7月8日より提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ マーケティング テクノロジー 企業戦略

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 外食データクラウドは、 飲食店における予約行動や喫食行動のデータ分析を効率的に行うための分析ツールで、 2019年4月に発表したAIによるデータラベリング技術を活用したものだという。POSデータや各種データを分析可能な状態にまでクレンジングでき、これまで飲食店で普及が進まなかったデータ活用が簡単になり、分析やマーケティング、経営改善に活かせるようになるとしている。

外食データクラウド

 トレタが保有する予約情報に基づく飲食店データや喫食データなどの外食に特化したグラフが事前に組み込まれているため、サービス利用開始からすぐに見たいデータを取り出すことができるという。エリアごと、客単価ごと、曜日ごと、時間帯ごと、グループサイズごとなどさまざまな切り口でのデータ分析が可能で、メニュー開発や店頭マーケティングに活用できるとしている。

外食データクラウド

 さらに、エリアごとの飲食消費傾向や、業態ごとのドリンク消費傾向、価格帯ごとの売れ筋を直感的に見ることができるだけでなく、全国の飲食店データが利用でき、今までできなかった他社との比較も容易になるという。例えば、ドリンクやフードの価格帯ごとの売れ行きを簡単に参照し、自店舗の商品の適正価格の検討にも活かすことが可能としている。

外食データクラウド